04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新月に、ひさしぶりにヨガのこと

2014.05.29 22:43|ヨガ
ひさしぶりにヨガのことで書きたくなったので
こちらのブログに戻ってきました(笑)
なんとなく、えんどうまめの暮らしぶり(ひとりごと、から改題。ひっそり)では
この手のことが書きにくい。
こういう使い分けはけっきょく自分の首をしめることになる予感があるのですが
今は流れのままに。

さて、久しぶりに、家でDVDをみながらヨガをしました。
なんとなくそういうゆとりがもどってきた気がして
友人にすべて貸していたコレクション(笑)から、戻してもらったのは
シバ・リーのLunar Basics

シバ・レー YOGA-Lunar Basics- [DVD]シバ・レー YOGA-Lunar Basics- [DVD]
(2006/09/02)
不明

商品詳細を見る

これが好きという記憶があって、
久々に昨夜、再生しつつ、しばしヨガタイムを満喫しました。

そこで再会した、前屈のポーズでのfeeling。

前屈というと、前に屈する、ですから、腰からまげて
なるべく胸を足に近づけて、伸ばした腕でつま先をめざす・つかむ・・・
というイメージがありますね。
もうこれは、言葉にも縛られている。

でも、前屈のポーズ、パシュチモターナーサナには
そもそも言葉としてはどういう意味があるのでしょうね。
いや、知らないんですけどね。

わたしはヨガをすることで
学生時代の体育などで習うストレッチでしたことのあるポーズなのに
ぜんぜん違う体験をするという驚きがけっこう好きです。

そのひとつが前屈。とてもシンプルなポーズですよね。
でも、立ってでもいい、座ってでもいい、
ほんとうに気持ちのいいパシュチモターナーサナに
そう、昨夜、久々に再会できました。

シバ・リーのこのDVDでの前屈は座位の流れです。

座って、両足をそろえて前に投げ出します。
ポイントは、感じるべきは、下半身の強さと上半身のリラックス。
床に接しているかかと、ふくらはぎ、ひざうら、太もも、
そしておしり、坐骨が、一直線にしっかりと大地に触れているのを感じます。
かかとは押し出すようにして、つま先を手前にひきよせるようにしますが
あんまりそこばかり気を使うと足がつりそうになります。
でも、たしかにかかととつま先をだらんとして神経をとだててしまうと
効果は半減。
下半身全体に強さを帯びたたせます。

そして、腰をのばすこと。

もうこれだけで必死だったりしませんか?
わたしはわりと必死です。
でも、もうこれで、パシュチモターナーサナは半分以上完成していると
わたしは思います。

残りの半分弱は、上半身を倒すこと
ではありません。

腰をのばして、背中ものばすこと。そして、呼吸をすること。

強くなっている下半身に呼吸を通すと、なんともいえない
静寂に包まれます。

シバ・リーのDVDで、ここでのガイドがすてきなんです。

「このポーズのもつ月の性質が神経系統を落ち着かせ~・・・云々」

ああ、わたしは今、月だ。弓月だーとうっとりするのです。

さぁ、さらにこのポーズの静寂と安定に進むには、
上半身の力を抜くこと。
腰をのばすことはキープ、もちろん下半身も言わずもがなですが
背中はゆるやかにリラックスさせて、首の力を抜く。
すると、おなかや胸が伸ばした足に近づくようなことに、自然となるのです。
ここではじめて前屈なんですね。

ほとんど、いかないかもしれないし、
もはや手がつま先についた!つかめた!とかいうことは
全然、関係ないことだとわかります。

で、この段階というのは
立位での前屈のポーズ、ウッタナーサナでのほうが感じやすい。

下半身の作り方はほぼ一緒(足裏のことや、タダーサナからの流れもあるけど!)
で、上半身をだらんとするに、立位だと重力が助けてくれます。
なるべく下半身を正しく強く作れば作るほど
上半身のちからをぬき、重力に身を委ねることが容易になります。

そのとき、自分がびっくりするくらいに、
だらーんゆらーんと手が、頭が、床にかぎりなく近づいていたりします。

でもその喜びよりも何よりも
なんだか宇宙に宙づりになってぷらんぷらんとしているような
気持ちのよさに遭遇することが、すてきです。

なんだかとても伝えたくなってしまったので、
熱弁しました。
ぜひおためしあれ。

腰いためないように!無理は禁物です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。