04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日のくすくす

2014.05.12 21:10|この町
穏やかな五月晴れに恵まれた母の日に
ハーベスト五周年&井のいちプレイベント
「えほんとおんがく くすくすの会vol.3」を晴れて盛会に終えることができました。

わたしは5月生まれなくせにそういや5月病(?)に陥りがちで
tuckchickbornええこなぞにいわせれば「また? だいじょぶ、いつものよ」
ってそういえば二十歳前後のときにすでに言ってもらっていました。
準備期間になんとなくもやもやがあったのは
このブログでも綴っていたことですが
やはりくすくすの会の主宰としてそれではいかんと
今なお反省するべきところだと振り返っていますが

それでもほんとうに、ほんとうに、よきひとときを創り
お集まりいただいた皆様と共有できた喜び感慨ひとしおで
それはもう、ひとえに、すばらしい才能と労力を提供してくださった
出演者の面々と、
くすくすの会にこころをよせたり協力してくれた方々と
ハーベストとハーベスト石井さんのおかげさまに尽きます。
ほんとうにありがとうございました。

facebookでだれかがいいねしていた記事の中で
「来てくれた人みんなにハグしたい」といった記述にあった顔文字をコピペしちゃいます。

㌆㌆㌆㌆。゚(゚´Д`゚)゚。㌆㌆㌆㌆

こちらの写真は今回のおみやげです。
10320452_10201696663597713_5948665411942336599_n.jpg(photo by mica bando)
モロッコ料理のクスクスをキャベツアレンジしてくれたのは
スノウドロップ伊奈さん。

伊奈さんのほんとうにうれしすぎる心配りは
中央を彩るえんどう豆の存在。
じつはわたし、数日前からあたらしいブログをひっそりはじめています。
その名も、「えんどうまめのひとりごと」

結婚し本名はえんどうであるわたし。
夫は自分の仕事道具などの目印にえんどう豆のシールを貼っていたりします。
このわたしたち遠藤家、わりとおおきな転換期をむかえており
心機一転というわけではないのですが
とにかく、わが家のことだったり、夫のお知らせだったりを
その新ブログまめかあさんとして綴っていくことを始めました。
わりとその気負いは大きくまたいずれ紹介と思っていましたが

ひそかに見つけて感じ取ってくれたおひとりが伊奈さんで
そして、このキャベツのクスクスに、えんどうまめ、入れてくれたそうなんです。
泣けてくるほどうれしかったです。

長くなりました。
そしてクスクスのお供には
通常メニューにないやはりモロッコのパン、ホブス。
ハーベスト石井さん作ってくれましたがこの塩加減の絶妙なおいしさといったら。
おふたりと一緒に、モロッコ料理を食べにでかけたのもいい思い出です。


こちらの本番中の写真は、スノウドロップ伊奈さん撮影。
harvestくすくす5/11
これ、「だいこんこんやもねむってる」という作品をやっているところかな。

ここで今回のセットメニューを。
・こんにちはーっくしょん
・キャベツのくすくす(通常読み聞かせとおととことばこバージョン)
・Life
・おかあさん
・はたけはたけ
・だいこんこんやもねむってる
・かっぱのかあちゃん
・おかあさんの唄
・おみやげのワルツ


母の日ということもあって、
個人的にだいすきな曲を3つリクエストして3人に演奏してもらいました。
「Life」は、おととことばこ山本唯さんオリジナルソング。
童謡「おかあさん」は中田喜直さん作曲の、おかあさん、なあにで始まるあの歌。
映画『オオカミ子ども雨と雪』の主題曲「おかあさんの唄」と併せて
mica bandoさんにしっとり歌ってもらいました。
micaさんのピアニカと遠藤康之ギターもとってもよくて
じっさいわたし泣きました。そしたらみんな泣いていた!

おみやげのワルツはもうくすくすの名物です。
唯さんがこしらえてくれました。

それ以外の演目は、オリジナルテキスト
くすくすの醍醐味、
場面が見えてくるような音楽と絡ませ
また、ことばのリズムを活かしたことばのおんがくになりました。
ほんとうにそれがすばらしくって、作曲家=出演者に拍手。
もっともっと届けたいと、欲が出ました。
そしていろんなことに気づいたり考えたりして
昨夕は夫とだいぶ語りました。


さいごに、DMデザインとキャベツの絵の提供、さらに
わたしの準備不足のカーネーション製作を
うつくしい手さばきで仕上げてくれみんなに配ってくれた小関セキさん

受付を自宅からもってきてくれたお花で飾ってくれて
きりもりしてくれた玲子さん親子
(ハーベスト店先にあった緑ちゃんの元気のなさにも気づき水をあげてた玲子さんが素敵過ぎ)

行けないけれど、あなたらしくね、とことばを届けてくれた
友人たち

ほんとうに、気づかされることが多く、それがなければ
あのような心持ちであの場で語っていられなかった気がします。
ほんとうにありがとう。

くすくすのあと、夕方に夫と息子が所用で出かけ
わたしは畑にいきました。
遅れ気味の畑作業、トマトキュウリに支柱立て。

「おはなしのおばちゃんになる」という夢を
さいしょの本のプロフィールに書いているわたし。

これまででいちばん素話にちかい形で創作童話を語ったことを
あらためて思い出し、泣けてきました。
語りをして、その夕暮れに畑仕事してる。
36歳。
家族も健康で、わたしも健康に恵まれており
暮らしている町ではさらにこんな縁まで恵まれている。
しみじみ感謝しました。


改めてハーベストさん。
いつもおいしいパンをありがとう! おめでとう!
これからも心とおなかのよりどころになってくださいね!
今回はだいすきなハーベストのお誕生日イベントに
くすくすを呼んで下さって、ほんとうにありがとうございました。


あれまぁそして長い記事になったねぇ。
読んでくれていつもありがとう。

さぁ週末は、第4回「井のいち」
お天道様よろしくお取り計らいくらっしゃい!

10339728_10201696713318956_6433065884047475223_n.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。