04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再燃!

2014.04.13 00:00|絵本や童話のこと
今日は友人家族とちひろ美術館へ行きました!
って、予定調和みたいな書き方だけど、かなりの飛び入り参加で♪

rps20140412_232805_481.jpg中庭がいちばんにぎやかな季節。
rps20140412_232747_604.jpg限定10食のおにぎりにありつけました。

とても楽しくて、元気になれた日でした。

**

赤毛のアン訳者の村岡花子さんの生涯が朝ドラになると
知ったのは一年以上前だったように思います。
海女さん あれ、ど忘れですが、なんだっけほんとに
見ましたよ、紅白。
あーこれ、DVDで見たいなって思ったやつ。
そしてつづいて「ごちそうさん」これもよさそうだった。
でもずっと「あれ? 村岡花子さんのはいつになるの?」って思ってました。

そして先週からはじまった「花子とアン」!
でももういまさら朝ドラを見るリズムが・・・と、消極的になっていたのを
夫が、一週目、録画しておいてくれた。
それを、今夜、今さっき、見終えました。

ふつふつ、
ふつふつふつ、、、、
ゴー!

再燃! 

ありがとう、わが夫よ。
明日、2週目ダイジェストを見て、
3週目からは日々、見ます。
うれしい。
見てよかった。

そうだ、わたしたちが今あたりまえのように手に取れる本、
児童文学、絵本の礎を作ってくれた先人たちがいる。
戦禍をくぐりぬけたその苦労は並大抵のものではなく
でもその苦労を超えるほどの、熱い想いが彼らを突き動かした。
本というものに描かれた夢が、まことが、彼らを突き動かした。

わたしはそれを受け取ることができた。

溢れんばかりとなったその恩恵が洪水みたいになっていて
「あたりまえ」におぼれそうになることが多々。
でも、わたしは、やっぱりその流れの一端の担い手として
わたしなりの苦労を喜んでひきうけ
謙虚(という言葉を使ったとたんに謙虚でなくなる気がするのだけど)
に、前進しつづけたい。


アンのゆりかご 村岡花子の生涯アンのゆりかご 村岡花子の生涯
(2008/06/05)
村岡 恵理

商品詳細を見る


このドラマ、私自身新刊のころに読んでいた
上記の「アンのゆりかご」を原作としているらしいけれども
一週目はかなり、『赤毛のアン』をからめた演出があって
たましいがふるえまくった。

石版で男の子の頭をたたくのとか、もう、
アンとギルバートの出逢いのエピソードだもんね。

とかいう、オタク魂がうずうずして最高にハッピー!

**

ちひろ美術館で、やっぱり、戦禍の子どもたちを手に取り
そして、アンと、花子さんのドラマを見、

わたしの胸は熱く燃え、今夜も夜更かししとります!
でも、もう寝る!

で、なんだっけ、海女ちゃん、ちがうな。
でも、まぁ、いいや! 投稿!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。