04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばーちゃんのこと

2013.02.28 20:52|暮らし
腰まがっても 自転車またがり
大腿骨骨折後も はしごにのぼった

サランラップはきれいに畳んで一度じゃ捨てない
お刺身だいすき
入院中もさしみさしみと顔みせれば言われた

さみしがり屋でじいちゃんをいつだって恋しがり
小さな赤ん坊を見れば病床でもしゃんとして笑った
補聴器つけるとキョトンとおとなしくなってしまう、
苦手らしい
おしゃべりで
耳が遠くて
泣いたと思えばがはは!と、よくいつだって大きな声で笑ってた

どんな日だって畑へ立って
盆暮れ正月
みんなが集まるときは日の出前からご馳走をこしらえ
太巻き
あられ
おしるこ
つけもの
煮物
赤飯
天下一品 ばあちゃんの味

どんなに大きくなったって
最期まで孫へのお年玉、やめなかったね

めそめそとすることも多かったけど
感謝の言葉もよく言っていた

遺された日記にはまるでそのまんま
裏表がなかった人なんだねと
ほんとうに、そういうのってすごいと思う
ばあちゃん

おじいちゃんの運転する軽トラ
荷台に乗ってあぜ道はもうぜったいに宝物の思い出だけど
なぜか覚えているのは
助手席のばーちゃんと、運転するおじいちゃんにはさまれて
ファミリーマートへ行ったこと
そのときの風とかにおいとか残っています

肌のきれいなおばあちゃん
白髪頭もきれいだったよ

ありがとう
ほんとうにありがとうございました

みんなのこと見守っていてください
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。