04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の満月

2013.05.26 22:12|暮らし
引越しを数日後に控え、なんとなく落ち着かない日々。
でもこのところ、晩の心地よさはとてもすてきですね。

昨晩は満月でした。
直前まで「行けるかなー行きたいぞー」と図っていたライブ、
けっきょく息子くんのタイミングがあわず
(やっぱり夜はむずかしい、まだ仕方ないね。
 あ、おかげさまで、1歳になりました!)
出かけられませんでした。

それで、寝かせつけ後、
衣装ケースの中身の入れ替えをしつつ
下着からはじまって洋服もろもろを3時間近くひたすらに
畳み直して、改めてしまう作業をしました。
これが実に気づきが多くて、夜も11時を過ぎたころ
わたしは確実に、ひとつ新たなステージへのぼったと感じました。

というのは、わたしは、洗濯物をたたむことが大の苦手。
恥ずかしながら、衣装ケース(たんす)の中は
いちおうは畳まれているものの、なんだかしわくちゃ。

昨晩の作業中も峠を越すまでは、
情けなさで気持ちが悪くなりました。


洋服は好きで、縁やビビビ感を感じて買い求める方。
一時期は古着が趣味だったから、
それこそ、古着の買い物は出逢いですよね。
そうして、執着が強いからか、気に入ったものは
10年以上、持っています。ずっと着る。

それなのに、整理、管理ができていない。


夫がとてもきれいに洋服を畳めるので、
何度も注意されたし、教えてももらったのに、
なかなか向かい合う気になれなかった。
自分には無理と諦めていました。

でも昨日は、なぜか向かい合う気になって、
一枚一枚、本気で、畳みました。
大好きだと思って買い、着ていたのに、今じゃこんなにしわくちゃ~
ほんとうに申し訳ない気持ちになりました。
それでも、しわをのばしてびしっと畳むと、
しゃんとした姿がよみがえってきて、
その服へのリスペクトする想いまでもがよみがえりました。
「また着よう」
「これをこんなふうに今度は着よう」
そういう気持ちはわくわくです。


洋服が好きで、縁を感じる買い物を確かにするのに
自分の洋服ダンスを見てわくわくできないのって、
つまりは集めるだけ集めて、あとは放置! な、
とっても自分勝手な行為をしてきたのだと思いました。

そうこうしているうちに、
大きな気づきが・・・
それって洋服だけに言えたことか・・・?!

汗をかきながら、ひたすらに、畳み直し続けるうちに
いろいろな想いがめぐり、
いろいろな「縁」に思いをよせ
反省と感謝。

だんだんと無心になって、
満月の夜のいい風が部屋に入ってきて
それでもなおひたすらに、洋服を畳み
3時間近く。
「これで終わりにしよう」と、最後の一枚を畳んだときには
なんだかすごくすっきりとしました。

長年抱え続けてきた「闇」に向かい合い、格闘して、
自分が新たなステージに立てたことを感じました。
衣装ケースの山のなか、ひとり。
いい夜でした。



7月と9月に朗読をする機会を予定しています。
7月28日(日)にはくすくすの会vol.2
9月22日(日)には久しぶりに詩の朗読をしようかと思っています。
場所はいずれも“冷えとり靴下”のお店「キャンディケイト」さんです。
また詳細はご案内いたします。
スポンサーサイト

自然育自レッツお日さまの会

2013.05.08 22:02|暮らし
これ、ラジオ出演時の写真です。
SN3K0339.jpg
ゆき姐、ほんとうにいい方でした。いい方です。
そしてね、ええこも、ほんといいヤツです。
名札、息子用のに続いて、わたしの誕生日にわたし用の届きました。

明るいってどういうことだと思いますか?
わたしは、ゆき姐に何度かお会いする機会があって、
あぁこういうことかも!ってなんだか思いました。
ええこはいつも、「いっぱい笑おう」のメッセージをくれます。

笑うことって、免疫力を高めるそうです。
放射能しかり電磁波しかり予防接種しかり食品添加物しかり
不要なものはなるべく取り込まないようにしたいけれど
そのためにできることはそれぞれがするといいと思うけど
いちばん大事なのは、いつでも心掛けたいのは
免疫力を高めること。

自然育児友の会の会員になり、
会報を読んだり、2回お茶会に参加したりしました。
理事のいとうえみこさんが、そのお茶会で言ってくれたことです、
免疫力を高めることをしてくださいって。
笑うこと、
排泄すること、
基礎体温をあげること。

最近なんですが、
自然育児って、本来自然な存在である赤ちゃんの
自然に育つその命を、
なるべくできるかぎりそのままに見守る、
見守ることができるように育児ならぬ育自をして
たくさん笑う明るくて強いお母ちゃんになろうというのが
自然育児なんだ!って思いました。

おむつなし育児のことを書くって約束したので、少し書きます。
おむつなし育児っていうのをしています。
していますって言ったって、
パートタイム布おむつユーザーです。
夜は完全に紙おむつにお世話になっています。

時々、おむつを外して過ごす時間を作って、おまたフリー
というか、最近は、おむつを変えているすきに
おむつの外に、というか床に(笑)、
おしっこやうんちをされちゃってます。
おしっこは「よかったねー」と心から思えるけど、
おおきな方はやっぱり慌てます。
でも、おむつの外でやっと便も出るようになったんだ!
と、喜んでる自分もいます(時々、ガーンってなります)。
これがわたしのおむつなし育児です。

やっぱりいとうえみこさんがおっしゃっていました。
おむつなしといっても、おむつを否定するものではありませんと。

生まれたばかりの赤ちゃんって、
おむつを外したとたんにシャーッとすることがあるのが
月齢が進むにつれて、それをあまりしなくなるらしい。
確かに覚えがあります。

「排泄は、おむつのなかで」と
わたしたち大人が教えてしまうんですね。
それが、ある年齢になると大人の都合でトイレトレーニングをして
「排泄は、おむつのそと=トイレで、するのよ」と
突然、教えを改める。
ほう、そうか。
おむつは大人のためのもの、
10時間吸水!というのも、赤ちゃんのためじゃないですものね。
赤ちゃんのお世話をする大人を助ける道具。
そうは思っていたけれど、
そもそもそうか、本来備わっていた「外で出す」機能を
一度奪って、また今度はこちらのタイミングで、
大変な思いをお互いにしながら学び直すのか。

それに確かに単純に、外で排泄したほうが、気持ちがいい。
そうすることが本来の欲求なわけだから。

おむつなし育児って、ホーローおまるがついてまわって
雑誌でも特集組まれていますけど
で、わたしも例に漏れず買ってみましたけれど、
赤ちゃんにとって、おまるでしようが床でしようが
おむつの外でするという点では同じなんだって
それも、すごく気に入っています。
そしてさいきんはおまるがごぶさたです。

自然育児友の会の
おっぱい&おむつなし育児メールサポートというのに3ヵ月参加して
おっぱい育児の方をメインにいろいろ相談したくて
参加したものの、
関心が向いたのでおむつなしもやってみて、
うまくいったりいかなかったり
「いいな」と思ったり「むずかしい」と思ったり

でも、いろいろと相談したりいとうさんのお話を聞くうちに
おむつなし育児を実践していくうちに
身に付いていくことって、
とにかく楽観できていくことかもと思ったのです。

おむつなしって何?どうするの?
というところから、
「これがわたしの、まぁ、いわゆるおむつなし育児です」
って言えるようになるには
心理的にだいぶ成長したんです、わたし。

そして、いとうさんが言っていたように、
次の排泄が楽しみになったり、
うんちを床にされて、笑ったり、さらに喜んじゃったり
(本来の姿が戻ってきたー!って。)
それってもう、それだけで、おむつなしやってよかったなと
得したなと思えることです。
布おむつだと特に、もうおしっこぐらいだと、床に
いっぱい水たまり作られても、洗濯何枚分得したって
ほとんど100%思えますから。
下のことは、生活に笑いをもたらしますね。

そして、笑うことは、免疫力を高めるのです。
もちろん、排泄すること、溜めないことも免疫力を高めるそうです。

友人の男の子が、恋人のことを紹介してくれたとき
「太陽みたいな人です、明るくて、でもまさしくよく沈んだりしています」
って書いてくれたとき、
なんてすてきだろうって思いました。
太陽、そうか、毎日沈んで、それが自然だと。

だから、わたしも、よく沈んだりもしますが
太陽みたいな母ちゃん道を突き進みたいと思います。

井のいち2013

2013.05.08 21:20|この町
去年の井のいち(vol.2)の日に、息子は誕生しました。
その井のいちvol.3がことしも間もなく開催されます。
翌日に息子は1歳になります。
井のいち2013

すてきな出店、ワークショップ、た〜くさんありますが
「森の料理教室」〜おいしく野菜をたべよう〜
というワークショップイベントの
「練馬野菜を使ったレシピ&試食もたっぷり」ネリマベジタブルカフェ
にて、12時半からの回で
練馬産キャベツの塩こうじもみのセンセイ?します。
よかったらいらしてください。

また、3月に開催した「くすくすの会」の
会場であったハーベストさんも出店するし
出演した遠藤康之(Gt)もフランシスマヤちゃんと、
mica bandoさんもお仲間と、神楽殿でのライブに出演されます。

わたしは1回目のときは大雨に、勝手に中止と思い込み、
2回目はそういうわけでお産真っ最中、
やっと身を持って参加できるというのでとても楽しみです。

井のいち文庫にも2冊本を提供しています。
それとは別に絵本「キャベツのくすくす」も持参して参加します。
見かけたら、よかったらお声掛け下さいねー

井のいち2013ワークショップイベント
「森の料理教室」〜おいしく野菜をたべよう〜

1)「練馬野菜を使ったレシピ&試食もたっぷり」ネリマベジタブルカフェ

参加費:1回500円 (当日現地にて受付いたします)
所要時間各回30分
お弁当箱とお箸をご持参くださいませ。

11:00~ ネギ味噌作り
(練馬産ネギの食べ方レシピと試食)
11:30~ フキの煮ものやフキの葉佃煮作り
(練馬産フキの食べ方レシピと試食)
12:00~ お米の炊き方
(野瀬自然農園さんのお米と梅干しの試食)
12:30~ 塩こうじ作り
(塩こうじの持ち帰りと練馬産キャベツの塩こうじもみの試食)
15:00~ 大学いも作り
(野瀬自然農園さんのさつまいもを使った大学いもレシピと試食)


2)「バジルの育て方&ハーブオイル作り」NPO法人自然工房めばえ

夏に食べたいバジルを育てて楽しみましょう♪
幼苗のバジルを鉢植えや地植えなどにして上手に育ててたくさん収穫する方法
また収穫したバジルの利用方法としてハーブオイルを作ります。
育てて楽しむ、ハーブと食の活用方法です♪

参加費:1000円(バジル苗とハーブオイル付)
定員:各回15名 
時間:10:00〜/14:00〜 所要時間:45分
申込先:090-7630-0910
http://www.s-mebae.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。