06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水辺に呼ばれる

2010.07.29 18:31|読んだ本のこと


横尾にて。
傍らの本は、
すえもりブックスの末盛千枝子さん著
『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』
人生に大切なことはすべて絵本から教わった人生に大切なことはすべて絵本から教わった
(2010/04)
末盛 千枝子

商品詳細を見る


まだ途中だけれど付箋だらけになってます。

そこでびっくり。
つい先日読み終えた本でも触れられていた
「アザラシ伝説」がここでも語られていて。
(末盛さんはオットセイとして語っているけど)
で、その先日まで読んでいたのが梨木果歩さんの『水辺にて』
水辺にて―on the water/off the water水辺にて―on the water/off the water
(2006/11)
梨木 香歩

商品詳細を見る


これを読みながら、もうすぐにでも水辺に行きたくなって
来年にはまたぜひ行きたい屋久島では
Ynagの方が「是非に」と言っていたカヤックにぜったい乗ろうと
そして、この本の直前に読んでいた『アンモナイトの谷』は
飛び込みの選手として将来有望な少年が主人公で、
やはり、「水」、水面とか、川とか、プールとか、そのゆらめきが印象的で

だから、「なんか水辺に呼ばれてる」と感じていました。


で、梨木さんも末盛さんも触れたケルトのアザラシ伝説が

わたしが10代だったころ、
『フィオナの海』とか
『イルカの島』とか読んでいて
また比較的最近の読書『クジラの消えた日』も
その雰囲気をすごく懐かしく読んだことを思い出させてくれて
何か、呼び起こされるものがあるように感じ
なんとなく「水辺に呼ばれている」感じが、よりはっきりとしました。


ぜんぜんうまくまとまってないけれど。

それに、、、、
末盛さんがやはり書いていた、群馬桐生市の聖クララ修道院。
一度、訪れようと思います。
桐生はわたし大川のルーツ。そして、曾々祖父はクリスチャンで
桐生に教会を建て、またそこで、いわゆる寺子屋のようなこともした
教師のようなことをした人だそうです。
何か、よくわからないけれど、

何か、呼ばれているような、そんな感じがします。


そのひもをたぐりよせるのが、明日なのか、
十年後、30年後なのか、もしくはそうはしないのか、わからないけど。

おおきな目には見えないあたたかなゆりかごに
わたしはいつでも守られてきたような感じが今して
幸せなきもちです。

ウン年前にすえもりブックスに原稿持込したときの
真心のこもった対応、感激したっけ。
いつか、すえもりブックスさんに「出したい」と思ってもらえる作品を
書けるようになりたい、なるんだと、思ったものです。
スポンサーサイト

即是道場

2010.07.20 16:40|ヨガ
通っているヨガスタジオのブログに
ナオ先生のシリーズクラスレポートとして
わたしの書いた記事がのりました。

SHIZEN YOGA ブログ
「ナオ先生シリーズクラス Opening Your Heart (月曜19:30)」
 
これまでのクラスの名前が、次期からは
「Opening your heart」っていうシリーズ名になるんだそうな。


ナオ先生はただいまインド。
あー8月が楽しみだなぁ。

これ↓読了。

霊ナァンテコワクナイヨー霊ナァンテコワクナイヨー
(2004/04/10)
美輪 明宏

商品詳細を見る



真の信仰という項目で

「自分自身をもう一人の自分が冷静に客観的に謙虚に評価して、
 自分を心から尊敬できるほどに、信じられるほどに高めていくこと」
を、信仰

「今の自分の心は何なのか? なぜ妬むのか、なぜ悲しいのか(略)
 それらの感情の一つ一つをより深く掘り下げ、突き進んで考え、
 その問題に対する答えをはっきり浮き彫りにして見つけ出すこと」
が修行

「まるで仏のように平穏で明るく安らかな気持ちでいられるように
 切り替える考え方を努力して見つけること」
を悟り
と言うのだ、

というのがすごく響きました。即是道場!
ほんとにね。

monday-series.jpg ナオ先生とみんなといけるところまでいきたいね。

「アンモナイトの谷」と「床下の小人たち」

2010.07.18 13:12|つれづれごと
十年くらいまえに友人の薦めで、そく手に入れていたものの
当時はなかなか読み進められずにいた本を
このタイミングで一気に、そしてすごく楽しんで読んだ。
ずっと一緒にいたけど、やっぱりこれも出逢いなんだな。

アンモナイトの谷アンモナイトの谷
(1997/12)
バーリー ドハティ

商品詳細を見る



「借りぐらしのアリエッティ」初日のレイトショーで観た!
とても、とても、とても、、、
忘れられない作品になった。
なぜならそれはもうわたしの一部だから。
なのだなぁ

もう迷わないよ。

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
(2000/09)
メアリー ノートン

商品詳細を見る
 アリエッティ、原作はこれね。

サボテンの花

2010.07.17 22:01|暮らし
       

まるで花束!

でもこれはわが家のサボテン。(上から見たところ)
気前よく花を咲かせてくれる子とはいえ
まさかの5つ花にはびっくり。とても嬉しいです。

ごにんかぞく。


百日紅もきゅうにざわざわと花を咲かせ始めたと思ったら
やっぱり
梅雨明け。

みんなにとって楽しい夏休みになりますように。

SN3K0111.jpg

家族という名のカフェ

2010.07.14 22:52|つれづれごと
cafe famile
雨もいいなぁ

  P7130004.jpg
P7130002.jpg  P7130007.jpg  P7130003.jpg


金継ぎ、2工程目に進みましたがこれをもって
2~3週間は寝かせる必要があるそうです。
いよいよ接着をしたのだけれど、
材料は、水で耳たぶくらいの硬さに練った小麦粉と漆。
行く先には、米粒を使う工程もあるから面白い。

金継ぎ

2010.07.12 18:01|暮らし
いただきもののすてきな長皿。


使う前にまっぷたつ。
SN370112.jpg

日常的に焼き物の器やお皿を使うことが多いので
思い切って金継ぎセットを購入したのは年末のこと。
それをやっと、手をつけはじめてみました。
SN370114.jpg

塗って乾かして研いでまた塗って乾かして
・・・と、工程は約一ヶ月はかかりそうです。

とりあえずこのお皿で自信をつけたら茶碗の欠けやらも修繕するつもり!

***

先日行った館山の海で、きれいな色の貝殻を拾い遊んだ。
作品その壱
SN370109.jpgなきむしこよし

作品その弐
SN370108.jpgぐるんぱ


わたしは夏の食べ物
冷やし中華とところてんがだいすきです。




隠れ家

2010.07.03 22:18|つれづれごと
どうしても海が見たくなり、仕事終わりにすぐ準備を整え
千葉は房総へ向かってしまいました。
雨雲よりも半日早く到着。うす曇の空と海。
求めていた景色、音、風でした。



その後、軽くした下調べで気になったカフェの住所をナビにセットし行ってみたら
もうほんとうにすてきでした。
grass-B
SN370110.jpg
なんていうか、ナウシカの、地下の秘密の部屋みたいなのです。

すっかりこの空間に恋をしてしまったようすで、こんな動画まで見つけました。




いま読んでいる本もとても魅力的で良いです。
なかないで、毒きのこちゃん―森のむすめカテジナのはなしなかないで、毒きのこちゃん―森のむすめカテジナのはなし
(2010/05)
デイジー ムラースコヴァー

商品詳細を見る



そういえば、このあいだのお休みに実家へ行く用があり
向かう道中に友人から電話があった。

「ちゃあちゃんがこっちにいる気がして」

すぐに地元の駅で落ち合って、実家族といっしょに夕飯を食べた。

せっかくだから久しぶりに近所の神社へ行ったら
ちょうど茅の輪くぐりができました。

水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶというふなり  よみ人知らず
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。