01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚の夢

2010.02.24 11:20|つれづれごと
夢のなかですごくかわいい子豚を抱いて歩いた。
はじめは連れて歩いていた感じなんだけど
なぜかその豚が抱いてほしいというようにすり寄ってきて
その豚もとてもきれいだったので、ひょいと。

子豚の毛は少しだけごわごわしているんだけど
皮膚のぬくもりとか身体の重みとかが
ゴム鞠みたいな風船みたいな
なんともいえない安心感で
そのピンクさの清涼さと、ふがふが寄せてくる鼻と、
つぶらなきらきらの瞳とがわたしの顔のすぐそばにあって
多少とまどいながらも可愛くてたまらなかった。

それからトンネルのようなもの。

誰かがいたあと。“痕跡”とよべるものを足元に見、よけつつ
トンネルを抜けるべく歩いていくわたし。

ともかく、寝起き早々
「豚、超かわいかった!」と呟いてしまい自分でおかしかった。
スポンサーサイト

知ってる知らない知ってる

2010.02.22 10:48|映画のこと
洗濯物を干し干し、テレビでNHKをつけていたら
始まったのは「NHK俳句大会」。
一句一句素晴らしくて思わず洗濯物を干す手を休め
朗詠を聞き入ってしまった。
そしてそのあとしみじみと洗濯物のにおいや
つけ置き洗いしていた水の冷たさを、面白く味わう自分がいた。ありがとう。
どの瞬間も句が潜んでいるなぁと感じて
そしてそれは暮らしに絵本を感じるときにもよく似ていた。

大川の祖父はいつも着物を着て盆栽と俳句を詠むことを愛していた。
わたしには少し怖くてあまり話しをした記憶もないのだけど
祖父の死後、祖母は夫の句を集めて手作りの句集をこしらえ
親戚や祖父の友人たちに配った。
こんど実家に帰ったら、祖父の句集を一冊譲ってもらおう。


東京子ども図書館資料室で手に取り、
帰り際、事務室で購入させてもらった一冊。
『ことばの贈りもの』
32306358.jpg
早々に読了。もう、大丈夫。


土曜夜にはようやく「誰も知らない」DVDで鑑賞。
幸せってはかれるものじゃあない。
誰も知らない [DVD]誰も知らない [DVD]
(2005/03/11)
柳楽優弥北浦愛

商品詳細を見る

この映画は、監督の怒りに支えられている。
でも描かれているのは、ここで出逢えるのは、優しい優しい愛だ、子どもたちの本質。
つまりはわたしたちの本質だ。
大人になって何かを忘れてはいないか?
子どもに見つめられるのは自分自身を見つめること。

長女役の北浦愛ちゃん。
重松清さん原作の映画「きみの友だち 」にも出ていた。
まみに似ていてどきどきする。


追記、
東京子ども図書館に行ったとき、近所のとあるお宅の
ガレージ入り口のアスファルトに
ローセキで「今日は行けなくてごめんね!!」と書いてあるのを見つけた。
桃色のローセキで、「!」は太字で強調されていた。
いろんなことが想像できて微笑ましくて写真を撮ることも忘れたけど
しっかりと今日も思い出せる。

東京子ども図書館

2010.02.20 21:23|つれづれごと
今日は、ずっとずっと行か(け?)ないでいた
東京子ども図書館に初めて訪れてみた。

資料室でしみじみ興奮していると、上階からわらべうたが聴こえてきて
子らの楽しそうな笑い声とかもしてきてじーーんとこみあげてくるものがあった。

 100220_1112~01

14日のこといろいろ書いたけど
そうか新月だったんだ。。。。
茶福楼のブログでそういえばと。
久々、近々行ってこよう、オーナーに会いに。


そうだ、昨日は
自由学園明日館の暖炉に火がくべられるというので行ってきたのだけど
今日、久しぶりのおひさまの陽射しを浴びていたら
からだの温まり方が暖炉と同じだと思って、
そうかお日さまはほんとうに燃えてるんだものなと実感した。
なんかすごいよね。

 20100219211050.jpg雛人形が飾ってありました☆

自由学園明日館

2010.02.19 19:56|暮らし

今また新しい薪がくべられました。
ホットワインは残念ながら売り切れ。
コーヒーとマシュマロを頂いています。

火を眺めていると時間を忘れます。

大丈夫、のんびりしているから気をつけていらしてくださいね。目白駅からの道のりのほうが静かです。

二階の食堂にいます。

おすすめしたいミシマガジン

2010.02.19 16:44|書くこと
先日、アノニマスタジオであったイベント内で
ミシマ社のワークショップに参加したことをちらっと書いた。
そしてまたそこへむかう道中でノートに走り書きしたことも続けてここにアップした。

あの日は今思うと奇跡みたいに、
わたしの人生においてすごく大切な日だったのかもしれないと思う。

ミシマ社三島さんが語ってくれたものも
あの日電車の中で見た景色すべても
居合わせたわたしをとりまく状況すべてもぜんぶが大切な。


ミシマ社HPのミシマガジン内「ミシマ社のこと」というものを今まで読んでいてえらく感動した。
今日現在で最新記事の「ワークショップ誌上レポート」(実は仮想レポートなんだけど)
で、三島さんのとある持論に、今、すごく感動して奮い立っている。
それはこういうものだ。

「とにかく、デビュー作というのは、
 もうこれ以上書けないというところまで書ききることだと思っている」



わたしはこのワークショップがあった翌日に
偉大なる書き直し指示をまた頂いた。

この日を迎えるまで、この1ヶ月又いいようのない怖れにとりつかれ向き合わされた。
いろいろな日を超えて、さらに自分で何かを決定的に超えないと
その日を手に出来ないだろうと直感的に感じていた。

そして14日があった。
電車で見たこと。そしてワークショップに参加してもらった元気。

そして15日というその日を
これまでとはぜんぜん違う心境の中で迎えることが出来た。
曇りなき喜びのなかで、とでもいいたい。


この「ミシマ社のこと」、すばらしいです。
第1回目の記事は出版不況なんてないですよ!
<出版>という単語を何に置き換えてもらっても良いです。
出版業界に居る人、志す人、あらゆるマスコミ業界、
フリーで何かやっている人、
あらゆる作り手、あらゆる働き人におすすめしたい。

原点回帰。元気出してさ、がんばろうよ!


15日夜のヨガでは未整理のまま(それで良いんだ)わたしの体験を
わたしの言葉を通してみんなにシェアしてもらった。
涙が溢れたのは、曇りなき喜びのなかにいたからだ。
言葉よりも涙が溢れたって感じだった。
でもみんながすごく受け止めてくれて、思いがけずたくさんのことを返してもくれた。


またきっと怖さで動けなくなるときがある。
かちんこちんに心が凍ったり
本を、言葉を捕らえた牢屋に思えてしまう日もあるかもしれない。
でもその全部が自分で、自分ではないんだ。

2/14 note

2010.02.18 15:15|書くこと
note

 あぁそうか
 わたしのもうすべてがわたしの「商品」で
 わたしががんじがらめにしている
 わたしがわたしにうばわれてしまってる

 うばわれてないものは
 ここでこうしてこれを書き眺めてる
 むねのまん中の私のみだ

 今むしょうにがっかりしながら
 私のところにもどれてうれしい とも思ってる

 たくさんのわたし 手放せるか

 やくしまの森の夜や朝もやを思い出している
 あのときの 私
    2010/2/14/1:11am


 久しぶりにでんしゃで本をよまずぼーっとすごしている
 本はもってきたし開いてもみたけど
 捉えられ捕らえられたことばより 今は
 久しぶりの陽ざしの中でうらうらとただよっている
 めにみえない言語をぼうっとながめていたい
 この世は……書物か……。

 昨夜の自問 けさになって思うのは
 それでも、自分しだい だということ

 美しい営みを商品としようとするも
 ただ美しむ精神の自由も自分で律しつくればよいのだという自戒

 商品にしてしまうというのがナウシカでいうところの
 汚れだとしても清いものもまた私たちのくらしがつくる……奏でるもの
 ということ 二面性

 けさはカーテンをあけ まどろむとき
 シーツの肌ざわり 自分のうでの毛のきらめき
 からだをのばす感じを味わった

 字にせず味わっているときそれは商品ではなく
 自由だと思えた
    2010/2/14/東西線の車内で

BHMA BHMA × tuck chick born

2010.02.15 15:23|tuckchickborn
本日、ちいさい絵本屋さんBHMA BHMAがオープン。

  
   いっぽ いっぽ と ゆれる ゆりかご
    いっぽ いっぽ に きみの あしあと
    いっぽ いっぽ の そこに 咲くはな
    いっぽ いっぽ さ いつも 一緒さ。



宮崎を拠点に歩みを重ねられてきた店主さん
ぐうぜんtuck chick bornを知り、気に入って頂いて
オープン準備の間にお店のシンボルとなる作品をオーダー下さいました。

そして作らせて頂いたのが、上のえとことば。
こうしてtuck chick born作品を久々にお披露目できるのも嬉しくありがたいこと。
今後このえとことばをいろいろにご活用頂く予定です。

ショップ名「BHMA BHMA」(びーまびーま)とはギリシア語で一歩一歩という意味だそう。
すてきな名前ですよね、響きも良いし、絵本屋さんにぴったりです。


ぜひぜひ皆様お見知りおきを→ちいさい絵本屋さん[BHMA BHMA]ちいさい絵本屋さん[BHMA BHMA]


それから、このところ何人の方から
このブログに対するコメントや拍手が受け付けてもらえず投稿できないと
ご連絡をいただいています。サミシイ想いをさせてしまってご免なさいでした!
迷惑サイトの書き込みについては手を打っているのですがそれが理由でもない様子。
なんだろー・・・ ちょっと理由が分かりません。
なのでコメントなどある方はぜひぜひメールでお寄せ下さい。
又、「わたしも書き込めなかった!」等ある方も良ければご一報下さいね。調べてみますので。

* * *
ようやく体調が戻ってきて、週末は
Book Market 2010アノニマスタジオへ。
寺子屋ミシマ社スペシャル編というWSに予約していたんです。
ミシマ社という熱くて朗らかでステキな出版社に出逢えたことがもう何よりもの収穫!

体調の影響もあってか気分もなんとなく落ちていたのだけど
(はたまた逆か? 気分と体調。にわとりとたまごですね)
本が好きでよかったと、また心から思えてしあわせ!!

とりとめもなくノートに書き連ねつついることがあるので
またいつか、ここにも書けたらと思います。


tuck chick born注文受け付けてます。という呼びかけで
ときどきこうしてお声のかかること。ほんとうにありがたいです。
みんなみんなその場所でtuck chick bornしているかしら?
   kyakuchu1.jpg kyakuchu2.jpgtuck chick tuck chick born born.....


ホロホロホーロー

2010.02.13 17:37|暮らし
kimi ha ima dokora wo aruite irukaottotto ottotto




一週間かんぺきに熱と咳にやられました。
昼間は微熱でも夜になると熱が上がってとにかく寝ました。
でももうだいぶ良くなりまして。
このあいだに『風の谷のナウシカ』コミック全7巻を読了しました。
風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
(1987/07)
宮崎 駿

商品詳細を見る



このところ活字中毒気味だなと思っていたので意識的に遠ざけています。
あたまのなかで自由自在にことばが遊ぶ余白はだいじ。
何事も行き過ぎはいけません。


少し前に、この1年の実績を評価して
わたしのぬか床ちゃん
タッパーからホーロー製の容器に格上げしました。


さいしょのええこの絵とBHMA BHMAについてはまた追って。

MOE絵本フェスティバルと土曜日のこと

2010.02.08 10:27|絵本や童話のこと
絵本の雑誌『MOE』の30周年を記念したイベントが
2月8日まで渋谷PARCOで開催されていた。
その名も「MOE絵本フェスティバル」
  MOE絵本フェスティバル

MOE (モエ) 2010年 02月号 [雑誌]MOE (モエ) 2010年 02月号 [雑誌]
(2009/12/28)
不明

商品詳細を見る


空いているうちに、と、午前中に会場入りしたものの
すごい人だかり! 驚きました。
ざっと100名分くらいはあるんじゃ? と思ったお祝い色紙メッセージ。
まどさんのふるえる字で「ぞうさん」が書いてあったり
かこさとしさんや、あと、やなせたかしさんのメッセージに
無性にジーンとしてしまったりした。

 ぼくは生まれて四十年
 君は生まれて三十年
 夢を夢みる仕事だから
 かんなん
 辛苦
 覚悟して
 これから先も友だちだ



原画展示もあった、片山令子さんと100%ORANGEさんの本に
ジェラシーを覚え(すごい好きかもってこと)、お買い上げ。
チョコレートの妖精チョコレートの妖精
(2007/02)
片山 令子

商品詳細を見る


久しぶりにお昼の渋谷のただ中でひとりランチをしていたら
自分を空気みたいに感じ面白かった。
居合わせた女子高生があんまり綺麗で見惚れたりした。


そのあとは、まささんにチケットを譲って頂いた
レオン・ベルベンのチェンバロとパイプオルガンのコンサートへ。
時空が錯綜するような、
それでいて絶対的なものは揺らがないことの実感や体感。
やっぱりオルガンの音色は神に対する信仰と切っても切れない気がする。
わたしの中にそれに対する郷愁はあまりないのだけど
それでも感ずるものがある。

夜は豆乳鴨鍋をした。激うま!

日曜
その日のまえにその日のまえに
(2005/08/05)
重松 清

商品詳細を見る

『その日のまえに』読了。号泣して、夜に発熱。

かみさまのえんぴつ

2010.02.04 15:12|つれづれごと
そのむかし、
「神さまの絵の具箱」っていうお話、書いたっけなぁ。

今日は立春。きのうは節分。もちろん恵方巻作って食べました!
そういうわけで旧暦の新年1日です。

あたらしいカレンダーは華雪さんの書による七十二候めくりカレンダー。
   華雪さんの七十二候カレンダー

立春のさいしょの5日間は
東風解凍。


2010年1月1日の満月は30日にまた満ちて地球に一番近づいた。
まんまんまぁるくてほんときれいだった。


先日j-waveの企画で試写会があたって『食堂かたつむり』観てきた。
その前に、小川軒カフェで究極のオムライスを頂いてきた!
  小川軒カフェオムライス

美味しくて胸がいっぱいで
ホールのスタッフの方がとっても紳士で
なにかもう泣きそうになった。


マザーテレサの映画、すごくすごく、良かったです。
マザー・テレサ デラックス版 [DVD]マザー・テレサ デラックス版 [DVD]
(2006/02/24)
オリビア・ハッセーラウラ・モランテ

商品詳細を見る



今日は寒くて、水たまりにはった氷が午後になっても溶けない。
少しずつ。少しずつ。それでも、春に向かって。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。