12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

tuckchickborn>hisano

Author:tuckchickborn>hisano
大川久乃です。

『はたきがけこうしん』(文・大川久乃 絵・下田昌克
こどものとも年中向き/福音館書店/2016年6月号



『キャベツのくすくす』(文・大川久乃 絵・伊藤秀男
こどものとも年少版/福音館書店/2012年6月号



定期購読のほか、
お近くの書店、
福音館書店MO係 TEL:03-3262-1642でご注文可能。



chatterbox:おしゃべりな人
chatterer:さえずる小鳥
Char:ちゃあ
    名に「久」のつく女児の愛称

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆたんぽごこち

2008.01.30 16:39|暮らし
お友だちのtricoterまいこちゃんのブログ記事
とってもよかった。

そう、冬は「いごこちよくあたたかく

ローラ・インガルス・ワイルダー作『大きな森の小さな家』
からの一文でした。

あたたかく。といえば、
先日「湯たんぽ」を買いました。

さむさでお腹が痛くなったときに
湯たんぽを持っている人に借りてみたら
ほんとうに温まって痛みも引いて
何よりほわーんと幸せな気持ちになりました。

「エコ」ブームの一端で
今ゆたんぽ人気がすごいらしいけど
なるほど納得。

椅子に座るときに
腰に当たるようにしたり
膝に乗せてみたり

今は、靴下のまま湯たんぽに足を乗せて
これを書いています。

ほっかほか!
ほっかほか!

湯たんぽを持ったときの
「ぽちゃんぽちゃん」という音も
なんだか懐かしく

たっぷり入ったお湯の重みが
じんわり気持ちまで暖めてくれます。

今日は寒さも休息日。
お日様に呼ばれて、家々のベランダでは洗濯物が踊っていました。
スポンサーサイト

しあわせのいちご組

2008.01.29 20:25|暮らし
週末の良き日
中学高校時代からの友人の
結婚式がありました。

中1のときわたしとは別のクラスにやってきた転校生だった彼女。
高校時代は、毎朝
心臓やぶりの坂をあがったところが待ち合わせ場所で
いっしょにチャリ通学しました。

美容師になる夢をかなえて
ずーっとがんばっていて。

わたしの結婚パーティの時にはヘアメイクを担当してくれました。

野に咲く花のようなという形容が
決してお世辞じゃなくぴったりの子で
小さくてかわいくて
でもしっかりしてて責任感が強くて
よく笑う面白い子。
もうずっと、中学生の頃から、イメージは変わりません。

新郎は
ノリが最高に良くて、優しい人!

彼の「ありがとうございました」にはずっしり重みがあって
誰よりも深く長く頭を下げてお礼をしていた姿に
なんだか感動しちゃいました。

お色直しは和装


幸せなひとときに身を置きながら
わたしも、また改めて
日々の生活を愛しんでいこうと思わせてもらいました。
愛に溢れた時間は、大切なこと、再認識させられる時間となります。

そしてこんなときは
懐かしい顔、久しぶりの顔、報告の顔顔顔に
会えるのも本当に楽しい。


で、二次会のゲームでは!
ぬゎーんとわたし、WiiとWii Fitを当ててしまいました!

ゲームは団体戦。
二次会の始まる前に引いたシールの絵柄で
ランダムにチーム分けされていました。
わたしの所属したのはいちご組。
いちご組のシール

そしていちご組はみごと1位に。

1位になったチームの人たちが引けるくじ
というのが用意されていて、
そのなかの目玉に「Wiiがあるよ」ということで湧いていたのだけど

わたしは
ただみんなとのおしゃべりが名残惜しくて
「残り物には福があるからー」と冗談まじりに言って
さいごのさいごに引いたくじが・・・Wii+Wii Fitだったというわけ!

感動して大笑い。

またみんなで集まる理由にもなったね!

ということで初めて思っています。
「おっきいテレビ、ほしーぞーーー!!」

なんだかツイテいるみたいなので
コンクールもがんばろうっと!

寒い夜には、うどんと映画と

2008.01.27 00:01|映画のこと
6年位前に
ガラス作家の松岡洋二さんの食器を知ってから
器物に関心を持つようになりました。

最近はもっぱら手びねりの
土の風合いを活かしてごつごつとした
お皿やカップにはまっています。

街を歩いていて
ギャラリーなんかで器展やっているのを見かけると
もうぜったい入ってしまう。
たいてい、買わずに見て終わってしまうのだけれど。笑

そんなわが家の新入りのお皿ちゃんは
直火にもかけられて
レンジやオーブンもOKという優れもの。

出番を楽しみにしていて
きーんと冷えた日に、
直火で煮込みうどんしました。

煮込みうどん


写真を撮ってみたら、
チェブラーシカの顔の形に見えてきました。
色合いもなかなか似てる。


鍋や煮込みものが身に沁みますね。

でもここ数日の
晴れた日の光に、春を感じるのはわたしだけ?


上映最終日に駆け込み
レイトショーで
映画『クワイエットルームにようこそ
を観てきました。

クワイエットルームにようこそ


映画が始まるまでは、カフェで原稿書き書きし
時間になったら移動して。

ひとり映画館、多分かなり久しぶりで
それもとっても気分が良くて
何より映画も、とーーーても良くて

見終わったら夜空もきれいで、すがすがしかった!

渋谷の街は、気分によって、時間によって
見え方がぜんぜん違うんだよなぁ。

過去も未来も現状も
すべてを味方に身に付けて
たくましく前向きに生きていこう!

ころ柿

2008.01.26 00:02|暮らし
最近よく食べるおやつ

ころ柿です。
ころ柿


わたしは「干し柿」という言い方しか知りませんでしたが
山梨の義母によりこの呼び名を知り
気に入ってしまいました。

漢字で書くと 枯露柿 となるそう。

柿の皮を剥いて、天日で乾燥させるとき
柿全体に陽が当たるよう
コロコロと位置を変えたことから、
「ころ柿」と言われるようになった
・・・という説もあるそうな。

最近見なかったけど
昔はばーちゃんも
よく柿を干していたな。

畑で採れた、ぶかっこうな柿なんかを。


じぶんが好きな食べ物には
「そういやぁ、ばーちゃん家でこれ作っていたよ」
ってものが
けっこうあることに、年々、ひとつひとつと気がつきます。

すごいな。ばーちゃん。ほんとうに。

うちの守護神

2008.01.25 00:02|暮らし
2008年の占い特集だった雑誌『FRaU
先々週に買っていました。

宿×干支×血液型
の組み合わせによる、運勢一覧。

宿(たんじょうびから割り出すものでした)というのが27分類
干支は12分類で血液型が4分類。

だから・・・
組み合わせは
1296パターンとなりますね。

その1296パターンのうち、
第一位に君臨していたのは
斗宿×丑年×O型 でした。

これ、だんなさんに当てはまるんです。

うっわーすごーーー!!
と、思わずパチリ。
FRaUより

この特集、
自分のを探し出すのも大変だし
順位だなんて見たくないやぁ! と、思って見てなかったのが

ふと久しぶりにパラパラとめくったら、
おや、おや、おやぁっ?!?!
と、このページが光り輝いていて目に飛び込んできてびっくりです。

なんだかうれしい。

だんなもノリにノってます。


わたしは1290位代でしたけどっ。
ふふん。そんなの関係ナイモンネ!

良いことは信じて。
悪いことは信じない、んじゃ勝手すぎるようなので、
プラスに活かして。
享受享受。

雪のかほり

2008.01.24 00:01|つれづれごと
今日は雪が降りました。

お昼に外に出た頃が一番大粒で
さらり気味の雪が舞っていて
とってもきれいでした。

雪が降ると
雪が音を吸収して
町がしんと静かになります。

どんなものにも白い雪がふうわりかぶさり
なぐさめられるような
あたためられるような
平等でゆったりとした感じになります。

なんて、言っていられるのは
雪がめったに降らないこの地の
ほんの少しの量の雪だからなのでしょうね。


先日、今年最初に訪れた
下北沢のショップ「joli.」さんで
京都の香彩堂さんの練り香水を買いました。

練り香水、いいよーって
人に聞いたので
欲しいなって思っていました。

いろいろあって迷ったのだけど

香りが気に入って購入したのは
「雪」をイメージしたものでした。
雪の香り練り香水

ここのところは
毎日、これを自分につけて
いい香り~♪と思っていたので

今日はほんものの雪とのコラボレーションに
こころ踊りました。

笑いながら歩いていると

雪が口に飛び込んできたり
すれ違う人にも振り返られました(笑)

そして家に帰る頃には
コートの前身頃は雪が積もって
雪のコートになっていました。

ばったりたおれ屋さん。

2008.01.23 10:16|映画のこと
ロシア生まれのアニメーション
チェブラーシカ
皆さんごぞんじですか?

わたしは先般「チェブラーシカに似ているね」と言われ
子どもの頃からE.T.だとか、ギズモとかいう
愛くるしいキャラクターたちに似ていると言われていたので(笑)

なんとなくすんなり来ていて
「じゃあ見たい」と思ったら
貸してくれた人がありました。


でも、チェブラーシカしかの愛くるしさは
半端ない愛くるしさ!!!! ほらっ↓

もうすっかり虜になりました・・・。チェブラーシカ


これはこのクレイアニメでの動きや
声や、
性格やらが合間っての魅力だなぁ。

ほんとうにかわいいのです。

だって、チェブラーシカの意味って
「ばったり倒れ屋さん」なんですよ!


監督のロマン・カチャーノフ氏の弟子には
『霧の中のハリネズミ』のノルシュテインがいるとか、


このアニメの中で
チェブラーシカの親友となるわにのゲーナに関しては
実はそもそもに
『わにのゲーナ』という児童文学が先にあって
(エドゥアルド・ウスペンスキー著)
それをもとにこのアニメーション『チェブラーシカ』が作られたとか、


あたりまえかもしれないけど

チェブラーシカが生まれるまでの背景に
たくさんの歴史と人が関わっていたことも知り

もっと早く見ればよかったなぁと思いました。



そんなチェブラーシカの
さいしょの登場シーンは

八百屋さん(スーパー? 市場?)
の、お野菜搬入場面。

オレンジの入荷を確認して
ひとつひとつ箱を開けていくと
そのなかに、眠っているチェブラーシカが入ってた!
(ここで、なかなか目覚めないチェブラーシカは
 何度も何度もばったり倒れる、というワケ)

ラベルを見ると、
確かにそこには「オレンジ、柑橘類」とある。

困った店主は・・・


てな具合でお話は進んでいきます。

さいしょの、「僕も分からないよ」というセリフから
ハートをわしづかみされちゃいました。


チェブラーシカの最初のゆりかご
「柑橘類」といえば

今うちにも柑橘類がいっぱい。

毎朝みかん、いよかん、デコポン祭りです。
いよかんとでこぽん

あ、りんごも混ざってる。

朝のフルーツは「金」だそうですからね。
ことしは早起きを心掛けます。

雲の神秘?

2008.01.22 00:02|つれづれごと
先日、友人が
「友だちからこんなメールがきたの~!」
と見せてくれました。

沖縄に7年に1度現れるだとか
沖縄で1年に1度現れるだとかいう
自然の雲が創り出す
ふしぎな現象で

見ると幸せになるのだそうです。

その名も
「神の手」
神の手


天地創造や
「もののけ姫」のラストシーンを思わせるような画像。

うわーすごーーーい
見てみたーい

と、あれこれ調べてみたら
人が作った加工写真だという情報が溢れていました。


でも、いいじゃない。

とってもきれいな写真だな。


幸せになれるよと
チェーンメールに導かなくても

誰かや自分や地球の幸せを祈って
こんな芸術作品を作ったアーティストが
どこかにいるのだということ。

そして
この画に感動した人たちが
感動を共有しようと広げ始めたというわけですね。

そういうことで、ぜんぜん、いいじゃない。
すてきじゃない?

寒さのなかで

2008.01.21 14:42|絵本や童話のこと
厳しい寒さが続いていますが
それもそのはず
この頃を
二十四節気では
大寒」と呼びます。

寒 の真ん中。


関東にも雪が舞い
蝋梅も咲いています。
ロウバイ


小寒があり
大寒が来た。

次は、

そう、もう立春ですよ。

いいことってどんなこと

神沢利子作・片山健絵 福音館書店
いいことってどんなこと

うれしくなるのはなぜかって?
それは「いいことがあるからよ。いいことがあるからよ」

さぁ探しに行きましょう。


正月に見た神沢さんの展覧会
あらためて衝撃を受けた絵本「いいことってどんなこと」です。

一枚一枚の場面の臨場感がすごい。
絵の片山健さんは
立ちすくむ女の子の気持ちも
吹く風さえも
ばっちり描いているんです。

ラストシーンに向かって
最高にすばらしい。

何かに夢中になっている
子どものうしろすがたって
愛おしくって抱きしめたくなるようで
ちょっと離れたところから
静かに見つめていたくもありますね。

それは
ちょうど目の前の枝に
美しい羽の小鳥がとまったような出逢いです。


虹のふるさと

2008.01.21 13:52|つれづれごと
去年から、小正月も過ぎたころに
だんなさんの両親と
三島大社へ詣出ることが恒例に。

ことしは、三島のあと、
修善寺の温泉宿へ行ってきました。

(三島大社、先日ええこも初詣で行ったとか。
 ええこにとっては今や近隣だものねーふしぎ)

三島と修善寺の初日は
晴天で
富士山がキレーーイに見えました。
TS380112[1]


二日目は朝から
虹の郷」という名のテーマパークに。

ここは春が来たらキレイだろうな~という
花の庭園。
水仙と蝋梅が咲いていました。

と、思いがけず・・・
わたしは興奮のるつぼに!

なぜなら
インディアン砦というエリアに、
なんと全長100メートルを超す滑り台があったのです。

わたしは滑り台が大好きで
多分子どもの頃に、どこかで
もんのすごーーーく長くて、
絶景の高いところから滑り降りる
(↑なにぶん、子どもの頃の記憶なので・・・)
滑り台をすべった記憶があって

だんなにも幾度となく
「あんな滑り台にまた乗りたいのだよ!!!」と
熱く訴えかけてきたのです。

それが、ここで実現。

さすが虹の郷。
夢も叶いますって。

(tuck chick bornは長年
 「虹の出てるところ」というテーマでやってきました。
 テーマについてはまたこんど)

これがそれ。
100Mの滑り台

マットに乗って滑るんだけど
けっこうなスピードが出て最高でした!!

2つ滑り台があって
2回ずつ滑って、じんわり汗さえかきました。
本当に楽しかったぁ。

ええこ、おすすめです。行ったことあるかな。


そして土肥という地からフェリーに乗って
清水港に降り立ちごはんを食べて
実家の山梨へ戻りました。

夜7時頃になると、
雪がちらほら舞い始めていたので
急いで東京への帰路に。

初雪舞う 冬の夜の町景色はとても綺麗。

家の灯りひとつひとつが
平和への祈りが込められた
灯籠のようでした。


そういうわけで
先日の飯能に続いて
先週は
Thanks 親 weekとなりました。
日ごろの感謝を込めて。

今年も元気でいてください。

Tree of Life

2008.01.18 00:01|つれづれごと
飯能の生活の木
メディカルハーブガーデン 薬香草園へ行った話の続き。

館内はいろんな部屋がありました。
ショップ
ベーカリー&レストラン
(とーってもおいしかった)
展示室
石鹸やハーブの化粧品など
いろいろ手作りWSをする部屋など。

これは蒸留装置、ですか。
souchi.jpg


館内のいろんなところに置かれていた
ハーブの擂り器。
石の素朴なまんまなのが可愛い。インテリアですね。
擂り器


寄せ植えもいっぱい。
鼻を近づけるとハーブの良い香り。
寄せ植えの行進。
寄せ植え



とってもいい一日でした。
また来年も、母と姉とここへ来たいな。
いや、年に2回くらいは・・・。

オリーブの木、まだまだ小さい木。
大きくなあれとしゃがんで写真を撮ったら、
わたしの頭の影が、
オリーブの葉っぱでなでられているようになりました。
オリーブの木
いいこいいこ。


画像整理していたら
過去ブログやらの
写真がちょん切れてしまいました。

近々直しておきます。

生活の木

2008.01.17 11:39|つれづれごと
言わずと知れた「生活の木」ですが
埼玉県の飯能に
メディカルハーブガーデン 薬香草園
という店舗があることをご存知ですか?

わたしは数年前に知って
行きたい行きたいと思いつづけていた
こちらに、先日念願叶って出かけてきました。

いまだ現役ばりばりの看護師で
無趣味の母は大晦日生まれ。
3人の子育てに追われる姉は
1のぞろ目のたんじょう日。

一番身近で敬愛する
忙しいふたりの女性への誕生日プレゼントは
この薬香草園にある「アーユルヴェーダサロン アーユシャ」
でのトリートメント! と、してみたのです。

ふたりが受けている間は
わたしはショップ内でのプチトリートメントを受けてみたり
ショップやハーブ園を散策。

どこに居てもハーブの香りが心地よくて
冬の寒い寒い晴れた日
お日様の日射しを浴びながら
閑散としたように見える広大なハーブガーデンに
小さな春をたくさん見つけました。


バラの花で作られるガーデンへの入り口の門は
「キャンディキャンディ」なんかで憧れていました。
春が楽しみです。
でも、花の変わりに降る日射しが本当にキレイ。
春になれば花の門?


周りは閑静な住宅街。
近所の人はいいなー。
ハーブ園から望む


ハーブ畑は本当に広くて、
植わっている植物はきっとほとんどがハーブで

わたしがうろうろとしている間
スリランカ人と思われる男性スタッフが
ハサミを持ち持ち、何種かのハーブを摘んでいました。

あとで、プチトリートメントを施してくれた人でした。
ハーブを摘んでいたその手は
ひんやりと冷たくて「プチ」と呼ばれる以上の技術で
満足させてくれました。ナマステ!

庭の一角に
「wind of peace」と書かれた手作り風のモニュメントが。
平和の風。
風が鳴らす平和の音。
いっぱい鳴らしておきました。
window of peace

しゃららんしゃららん


写真がまだあるので
また記事書きます。

こころの基地

2008.01.14 21:24|暮らし
金曜はひろと
友人が立ち上げたカフェGalettoriaへ。

ちょうどいいタイミングで
友人ともゆっくり話せて
彼のがんばりや才能とも呼べるその人柄を
改めて感じました。

そして気まぐれに
レイトショーを見たあと
わが家でお泊り会。

翌日土曜日は昼から下北沢へ行き
夕方前にバイバイ。

ひろとわたしは実家が近所なので
新宿駅の埼京線乗り場で走ったりしたら
なんだかとっても懐かしかったな。


そして新年はじめての実家。

実家。生まれ育った場所。

公園の目の前のわが家。

ベランダに出てみると
眺めに入る木の多さを感じました。

昔に比べるとだいぶ伐採されてしまったけれど
でも残っている木々は、とっても高齢の大木ばかり。

あの木の裏あたりに秘密基地作ったっけ・・・

と、小1の甥っ子が
じぶんの秘密基地へ招いてくれました。

幼い日のわたしが作った基地と
ほんの2~3Mしか離れていない、「おとなりさん基地」。


ただ伸びやかなだけじゃなく
不安や悩みの表情を見せはじめているのも成長の証。
秘密基地を作るなんて、ほんと、成長の証。

愛しい甥っ子たちが、自分の基地を作れるだけの
木々が、雑草が、じゅうぶんに残されていることに感謝したくなりました。


そうそう、そんな甥っ子ふたりとは
良いところ言い合いっこ遊び」をしました。

そのときのうれしそうな顔といったら。
必死に考えてお互いのいいところを見つけことばにしていくときの
照れくさそうな感じといったら。

かわいくてたまりませんでした。


甥っ子へのお年玉に書いた「ひとこと」は
やさしいことはいちばんすごいことなんだよ

これは確かに
わたしのなかから出てきた一番伝えたいことでした。


姪っ子も、甥っ子たちも

日曜に会いに行った
ばーちゃんも

元気でした。


冬の厳しい寒さのなかで
ばーちゃんの畑にはブロッコリーがワサワサなっていました。


そうそう。
ばーちゃんちから、ひろの家は、車でほんの5分。

アメリカに戻る前日だった日曜に
ひろの家の(お寺さんなのです)本堂で
ちょっとお喋り。

まぶしい夕日を眺めました。

ひろも、基地、実家からまた離れ、
アメリカへ戻りました。
わたしの2008年も、本格的にスタートの気分なのです。

こころの基地はいつもあたたか。
がんばろう。

神楽坂 茶寮にて

2008.01.10 00:01|つれづれごと
茶福楼のあとは
ひろと共に
tricoterまいこちゃんと
画家の堀口尚子さんと落ち合って夕飯会。
みんなAT時代初期からの仲間です。

神楽坂 茶寮

とってもいいお店でした!!!!

美味しかったし
お店の人も親切だったし
雰囲気も良くのんびりできて
新年早々お気に入りのお店ひとつ増えました。

スイーツでも人気のお店らしいので
デザートにはみんなで「パフェなんてひさしぶりー!」と笑いながら
和パフェを食べました。
和パフェ


AT時代の仲間とは、
また別面子で
先日しゃぶしゃぶ新年会をしたけど

それこそばらばらに集まった
言ってしまえばただのバイト仲間なのに、

今もこうして定期的に集まれる幸せ。

なかには、同志とも言えるアーティストたちにも出逢えたこと。


ほんとうにありがたいことです。


今年はみんなの活動もますます楽しみ!
わたしも、同様に楽しみにしてもらっています。

仲間のお知らせあれこれは
またちょくちょくとこちらで紹介もしていこうと思います。


それぞれとのコラボレーションなんかも
ますますどんどんやっていきたいな。

神沢利子さんの展覧会を見て、とても思ったことでした。


「確かに、絵も言葉もひとりでやるのは理想的かもしれないけど
 共作をすることで 
 1+1=5 くらいのことが生まれたりするのです」

       (原文ちょっとうろ覚えですが)
              ~神沢利子~

尚子さん、そしてひろ
website開設楽しみにしているよーーー!

YES

2008.01.09 00:01|つれづれごと
先日ことし初めの「茶福楼」へ。ひろを連れて。

ひろとオーナーは、面識があって、5年ぶりの再会。


わたしは、いま、自分がやるべきことは見えているという状態だし

11月に訪れた戸隠の神社では
数年ぶりに「大吉」が出たから
わたしはこれで行くつもり(笑)で、
今年もまだおみくじ引いてないんです。

でも、茶福楼のカウンターに置かれていたニューフェイス
ユニコーンのカード。

わたしは5年ほど前から
「ユニコーン」がモチーフとしてもとても好きで惹かれ

(そうそう。このFC2というサーバーも
 ええこが見つけてきてくれたけど
 マークがユニコーンで気に入ったっけ)

「別に質問なんてなくてもいいのよ。
 ただ今の自分にメッセージをって、自分で引いてみたら?」

とオーナーにも言ってもらって、せっかくだしと
カード引いてみました。


最初に出たのは、「Simplicity

いきなり来た!と胸をつかまえられました。

でも、オーナーは言いました。

「わたしが引いたんじゃないの。
 貴女が自分で、引いたのよ(にやり)」

つまり、わたしの中から出た答え。

シンプルでありたい。
神沢利子さんの展覧会を見た夜から、すごく胸にあったことでした。


じゃあ、シンプルであるためには・・・? と
もう一度、
今度は自分になにが不要なのかを、問うて。

そして。
YES

Definitely Yes

胸にあったこと、「間違いなくそれよ」と言われたようでした。

シンプルであるために。
わたしはシンプルになるために。

いい子ではなく、強い意志を持って、今年を生きていこう。
感謝の気持ちを、強さに代えて、表していこう。

そして絵本も、ほんとうにやろう!


Yes」が指し示すものは、
わたしのなかから出てきたものだけど、

じっくり考えて、
自分の良いようにだけ捉え間違いないように。


気骨。
誠実。

恥じぬよう。


tuck chick bornの新テーマについても
考え始めている今日この頃です。

想いはもう、すでにあるのです。

あとはもう、ことばに置き換えるだけ。
そして展示に向かうだけ。


そして、今年も、
胸には大きく!
YESを掲げて。


※そうそう。
戸隠の神社でのおみくじは
年齢を告げるとおみくじを一枚授与されるシステム。
なんかこれ、特別な感じがあって、
神さまから渡されるというありがたみを感じました。

Love & Peace

2008.01.08 15:22|つれづれごと
ほんの数日前、でももう「昨年末」のこと。

tricoterまいこちゃんがあわてて教えてくれた
オノヨーコの「FLY」展

FLY


けっきょく見に行けなかったけど、

NHKに出演していたヨーコが言っていた

「みんな同じ目的にむかってる。
 ひとりでやっていると思わないで。
 いっしょに、がんばりましょう

という言葉がやけに響いて、
その響きは山まで越えて響きそうな鐘の音のようになり

未だ包まれている松の内です。

たしかにヨーコはいつもそう言っていました。

わたしが見に行った2002年のライブでも
「みんな、来年は、いっしょに、もっといい年にしましょうね」
と叫んで、
「Power to the people」を歌いました。
「Happy X'mas」も。


その言葉の意味が、
ここに来て改めて沁みています。
いっしょに」というメッセージが。


誰と話していてもそのはずだけど
きっかけになったものは、ある。


それは、あの日
図書館時代の仲間との忘年会だったように思います。

みんなそれぞれ。
それはきっと本当の意味でそれぞれです。

でも、感じました。

「目的はいっしょだな」ってこと。

無性にそれが心強くてあったかくて嬉しくて
歩くチカラになるのでした。

職業も
日々の生業も
性格も
特技も それぞれ。

でも、共感しあえることに向かっているのでした。


今、帰国しているひろとも
まるで離れていたあいだの時間を埋め合うように(?!笑)
数度のデートを重ねていますが

今回感じているのが、
やっぱりそれ。

それぞれだけど、
本当にそれぞれなのだけれど、

同じだな って。


3日に会ったええことも。


そして、自分のまわりのひとたちに
想いを馳せています。

この響きを乗せて。





個人個人の生も死や
喜怒哀楽すべても
日々の営み、

地球レベルのそれも、

暴力や、暴力的なもの(放棄とか)
によりではなく

伸びゆく力の、自然のままであるように。

その営みのなかであるように。


ひとりひとりがそうであり
それが積み重なっての地球だったなら

そうしたら、いい年なのだと言えるのではないでしょうか。


まだまだ年始まりだからこそ、
はっきりと意識していたいです。


七草粥、食べましたか?
わたしは食べました。

絵本の事始

2008.01.06 00:24|絵本や童話のこと
行ってきました!

トコトン!神沢利子展~いのちの水があふれだす~

去年のうちから
実に楽しみにしていたこの展示。

絵本に関わる人
絵本を好きな人
絵本を作りたい人には

ぜひ行ってもらいたい展示でした。


感想&想いはいろいろあるのだけど・・・


土曜日で、夜8時まで開館しているとの情報。

はて。いろいろ済ませ、時、すでに夕暮れ。

お昼と朝が一緒だったので
もうすぐおなかも空いちゃうな。

よし! 夕飯を作って、それから出かけて、
帰ってから、食べようか。

閉館1時間半前に入れば
きっと、人もあんまりいないかもだし、ゆったり見れるぞ。

来週行くのでもいいけど
出来たら早めに見ておきたい。

と、企みひとり決行。


そして、閉館時間まで、ほぼ誰もいない展示室
ゆったりくまなく見学。

8時ぴったりに美術館を出て、
8時半には夕飯の支度を再開して
9時前には「イタダキマス」ができました。

満足。満腹。

仕込んでおいたありあわせお野菜の雑多煮も
味がじっくり染み込んでいました。

そう。これこそここに住むメリット。


今日を愛して今日を生きよう。


神沢さんについては
今年一年かけて

さらに研究し
また深く語ります。


書くぞ!!!

リンクいろいろ

2008.01.05 16:18|tuckchickborn
新年早々の3日には
ええこと会ってtuck chick born会議。
今年は展示します!!!

いろいろと
ほったらかしになってしまっている
tuck chick bornのホームページ「mitchell」ですが

新年にもなったし、色々と状況が整いましたので
ようやっと、まずはリンクページにいくつか追加しました。

わたしも参加しているアニメ制作ユニット Talking Book

下北沢の雑貨屋 joli.

中国茶と占いのカフェ 茶福楼

tricoter

お茶時間

などです。


きのうは、AT時代の仲間と新年会でしゃぶしゃぶ。
しゃぶしゃぶで集まるなんて大人になったね~と話しました。

NYから一時帰国中のひろとも
早めに落ち合いおしゃべり&お茶。

いいスタートです。

お正月の神さま

2008.01.04 15:53|暮らし
お正月の神さまが、
ことしも降りてきたようです。

霜柱


霜がおりていました。

あけましておめでとうございます

2008.01.04 15:04|tuckchickborn
本年もよろしくお願いします。

旧ブログから引っ越してきました。

tuck chick born ことしもがんばります!

テーマ:日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。